深田恭子

最近の動向などの話題


深田恭子(ふかだきょうこ) 生年月日82.11.02 血液型 O

東京都が育んだ世紀末最大のアイドルタレント。デビューとともに"ふかきょん"の愛称で親しまれ,アッという間にアイドルスターに登りつめたラッキーギャル。96年にホリプロ第21回タレント・スカウト・キャラバングランプリを受賞したのが,デビューのきっかけになった。幼時から水泳で鍛えたせいか身長の割りには体格がよく,足のサイズが男並の26.5?とか,業界では和田あき子につぐナンバー2として話題になる。もちろん文化系も大丈夫。ピアノも年季が入っているし,異色なのは書道特2級とか,特というランクは不詳だが…。ぷくぷくとふくれたような"ホッペタ"が庶民的で誰にでも好印象を与えるのは,アイドルタレントとしてプラスアルファーか?。それに顔立ちが整っていてとてもカワユ乙女で,綺麗で大きな瞳が素適,容姿いずれもグー。天はニ物を与えたようだ。TVドラマは,97年4〜7月「FIVE」,同4月NHK「海峡」,同7〜9月「それが答えだ!」,98年1〜3月「ニュースの女」そして台湾のスター金城との共演とエイズ問題を鋭く抉った問題作「神様、もう少しだけ」で熱演し視聴者の涙を誘い話題を呼んだ。さらに99年1〜3月には,「鬼の棲家」,7〜9月「to Heat〜恋して死にたい」,2000年1月「そして、友だち」,1〜3月「イマジン」,7〜9月「フードファイト」は意表をついた題材と毎週ゲストによる共演者の変化で話題を呼び,最近でもそのスペシャル版が誕生するヒット。01年1月「17年目のパパへ」,1〜3月「ストロベリー・オンザ・ショートケイキ」ではちょっと2枚目半の軽妙な演技を見せてくれた。映画でも話題作「リング2」や「死者の学園祭」で持ち味のほか新境地を開き好評であった。CMも多数あり好評なのは周知の事実。若手アイドルタレントでは,優香と人気伯仲だが,ドラマでは恭子が先行している。今後の活躍を期待する声が多い。

好感度  期待度 


好感度、期待度などはFanCity独自のものです。

戻る



FanCityに無断での記事の転載を禁止します。素材提供元 CafePart2